あなたの生活を充実させるサポートサイト

>

フリマアプリの使い方~メリット

フリマアプリとは~売るまでの流れ

ところで、フリマアプリとは一体どんなものなのでしょうか。
フリマアプリは、スマホがあれば誰でも簡単に利用可能で、自分の情報を登録するだけで、いつでも商品を売買できます。
売ったり買ったりして付いてきたポイントで、更に安く商品を購入することも出来るし、レストランやコンビニエンスストアで使えるクーポンも貰えます!

フリマアプリでモノを売るために
1.売りたい商品の写真を撮る。
2.商品説明を書く(写真の読み取り機能で、自動的に入力してくれる場合もあります)。
3.商品の値段を設定する。
これで商品が購入されるのを待ちます!
そして購入されたら、アプリ上で購入者とのメッセージのやり取りをし、購入者の支払いが完了した所で、商品をお届けします。
その際、商品を丁寧に梱包し、郵便局や宅急便、もしくはコンビニで配送手続きを行います。

フリマアプリで売るコツとメリット

コツとしては、写真の撮り方と値段のつけ方があります。
その商品を購入する際、一番最初に目が行き、決め手となるのがこの2つになるでしょう。
ホームページや通販サイトの画像を引用し、その商品の印象をアップさせます。
また、商品をどのくらい使用したか、シミやほつれなど、この商品が「ワケあり」である事を明確にさせる事が重要です。
値段のつけ方は、「手数料を誰が持つか」という事が鍵となります。
手数料を購入者に持たせると設定した場合、購入される確率がグンと下がります。
手数料を出品者側が負担する事で、その商品の値段が安く感じられ、購入者の興味を惹き付けるでしょう。

フリマアプリでモノを売るメリットは、売りたいモノとスマホさえあればいつでもすぐに売る事が出来る事です。
写真を撮って、その商品の説明を書いて、値段を設定して送信すれば、そのジャンルの売られている商品の中に並び、購入者もすぐ現れやすいです。