マグロな風俗嬢を感じさせる僕。

マグロな風俗嬢を感じさせる僕。

投稿日:2015年6月12日 カテゴリ:代々受け継ぐ伝説の風俗体験談

たまに、マグロな風俗嬢っていますよね。上を向いて、まったく感じない女の子。感じるか感じないかって、結局は心持ち次第だと思うんですよね。だって、感じようと思ったら気持ち良くなくても、感じることはできますからね。先日の風俗嬢は、なかなか強敵な風俗嬢でした。マグロというか、無表情で全く感じない女の子なのです。僕はまずは乳首を責めて反応を見てみる。顔は無表情ですが、乳首はだんだんと立ってきているんですよね。まさに身体は正直ってことです。そのまま乳首を責めていると、アソコもべちゃべちゃになってました。本当はかなり淫乱な子なのかもしれません。そして、僕はアソコに指を入れて、くちゅくちゅと刺激。その刺激によって、彼女の表情も徐々に崩れていく。マグロ風俗嬢だと思っていたけれど、実は感じないように我慢しているだけの子でした。「身体は正直だから、思いっきり感じていいよ」というと、彼女はガクガクしながら昇天してました。